fc2ブログ
173210のブログ
Android,ゲーム機などをいじった記録をひたすら書く。 それだけ。
日本のWiiの全FWでスマブラハック(Smash Stack)

つい最近になり日本のWiiでスマブラのExploitが実行できるようになりました。

さらにこのExploitはSDカードのステージを読み込むものなので、対策されることも無い、かなりすごいものです。

 

用意するもの

Wii

スマブラ

スマブラのExploitを実行するステージ(開発元)


導入方法

2.ここからダウンロードして圧縮ファイルに入っているものをSDに移す。
3.NUS Downloader(以下NUSD)を起動します。
4.Pack-> WADとSaveAsにチェックを入れる
5.Database→System→IOSから必要なIOSを選択する。
6.SDカード/WADに画像で赤く囲まれた部分をXXXX0001-YYYYYYYY.wad
と書き換えたものをファイル名として保存します。

IOS15-64-v257

IOS15-64-v523

IOS36-64-v3351

以上のファイルをダウンロードし、SDのWADフォルダに入れます。

SD(SDHC,MicroSD,MiniSDは不可)

2.DVDX、BootMii、HomebrewChannelの導入

1. スマブラを起動し、Wii本体に記録されているステージをSDカードに移動する。

2. SDカードをPCに挿し、直下にあるprivateフォルダの名前を変更する。

3.スマブラのExploitを実行するステージをダウンロードし、

   そのなかにあるprivateフォルダをSDカードに解凍する。

   4.3J 無改造ハックパックをSDカードに解凍する。

4. スマブラをリセットし、ステージ作りの画面に移る。

   すると画面が暗くなり、SDカード直下のboot.elfが実行される。

        こんな画面になる。

5.しばらくすると

"Please ? to continue"

と出るので?ボタンを押す。

6.すべてインストールする。

もしBootMiiの欄がCan only be~となっているWiiは

Priiloderを入れなければ

神機にはなれない。

7.Continueを押す。

3.IOS15のダウングレード

Trucha Bug Restorer Modを実行する。

1.IOS36を選択する。

2.Press 1 or Start to〜と出たら1ボタンを押す。

3.Downgrade IOS15

を選択する。

4.Aボタンを押してインストールを続ける。 
5. press any botton to exit...と出たらなにかボタンを押してHomebrewChannelに戻る。
6.Trucha Bug Restorer ModをHomebrewChannelを動かす。
7.IOS15を選択しAボタンを押す。
8.Please 1~ と表示されたら?ボタンを押す。
9.IOS36 Menuを選択する。
10.Install IOS slotを236にする。
11.Install Patched 36をせんたくする。
12.Aボタンを押してインストールを続ける。
13.Trucha Bug Restorer ModをHomebrewChannelから動かす。
14.IOS36を指定してAボタンを押す。
15.Please 1 ~と表示されたら?ボタンを押す。
16.Aボタンを押してインストールを進める。
17.Any Title Deleter DBを起動させる。
18.SelectIOSを236にする。
エラーの出る人はこの行程を飛ばしましょう。
19.以下のIOSを削除する。 
IOS249
IOS250
IOS222
IOS223

5.cIOS38のインストール


HomebrewChannelでcIOSX 38 rev20 Installerを実行する。

?IOS15を選択する。


?Aボタンを押す。

?IOS38を選択する。
これで改造完了です。

6.ステージの書き戻し

5. Wiiメニューにもどったら、SDカードをPCに挿し、直下にあるprivateフォルダの名前を変更し、

    2で名前を変更したフォルダを、privateに名前を変更する。

6. 1で移動したステージをWii本体に移す。


スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2024 173210のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.