fc2ブログ
173210のブログ
Android,ゲーム機などをいじった記録をひたすら書く。 それだけ。
CM,AOKPのGerritコードレビューの方法(アップロード)

CyanogenmodとAOKPはGerritというものを採用しています。
GerritはGoogleが開発したGit用のソースコードレビューシステムで、それを使えばパッチを提供したり、認証されていないパッチを試し、レビューすることができます。
CM,AOKPのGerritにはGitが扱えればだれでも簡単に参加できます。
では、ここではGitがすでに使用可能なLinuxを前提としてパッチのアップロードまでの方法をひと通り書いていきます。

  1. SSH暗号鍵を作成,追加します。
    ssh-keygen -t rsa -C "メールアドレス"
    ssh-add ~/.ssh/id_rsa
    ssh-add
  2. Gerritのサイトにアクセスして登録します。
    CMはこちら、AOKPはこちらです。
  3. Gerritの設定を行います。
    サイトの右上のSettingsから行います。
    設定できる部分をひととおり設定してください。
    SSH公開鍵は~/.ssh/id_rsa.pubからコピペしてください。
  4. Gitを設定します。
    git config --global review.review.cyanogenmod.com.ユーザー名 ユーザー名
    //ユーザー名はGerritのProfileで設定したUsernameです。
    //AOKPのURLはgerrit.sudoservers.comです。
  5. リポジトリをここからダウンロードしてインストールします。
    インストールはパーミッションを変更しsbinなりなんなりにコピーすることで出来ます。
  6. リポジトリを初期化します。
    mkdir ~/source //作業するフォルダを作成します。
    repo init -u git://github.com/CyanogenMod/android.git -b jellybean
    //リポジトリを初期化します。-uオプションでURL,-bオプションでブランチを指定します。
    //AOKPのURLはgit://github.com/AOKP/platform_manifest.gitです。
    repo sync –j16 //同期してソースコードを取得します。
  7. 変更を作成します。
    repo start ブランチ名 プロジェクト名
    //作成された変更はここで指定するブランチ名で呼ばれることになります。
    //プロジェクト名は変更する部分のプロジェクト名です。
    //プロジェクト名は変更する部分にある.gitフォルダ(隠しフォルダです)のconfigに記述されています。
    //例えばframeworks/baseを変更したらframework/base/.git/configの”projectname”を参照します。
  8. 変更を行います。
  9. Gitでコミットを作成します。
    コミットのコメントが変更の説明になります。
    なお、コメントの一行目が変更の題になります。
  10. 変更をアップロードします。
    cd ~/source
    repo upload プロジェクト名

以上で完了です。

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2024 173210のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.